• 日本酒好きの方にとっておきギフトを
  • 今日も魚が旨い
  • みりん干しおすすめ簡単レシピ
  • すべては至福の一杯のために

お店案内

<ごあいさつ>

浜田港イメージ


カネコウ中川は山陰浜田港で水揚げされた新鮮な魚介類を昔ながらの製法にて自社加工製造しております。
創業当時より培った質を保つため、全て人の手で作業しています。

自分たちが食べたくなるようなものを仕入れ、製造中に摘み食いしたくなるようなそんな商品を
お客様にお届けすることをモットーにしています。

山陰浜田の恵まれた自然環境の下、魚本来の美味しさを求めた昔ながらの「懐かしいふるさとの味」
「本物の味」皆様にぜひご賞味下さい。

<会社沿革>

沿革1914年  開業
先代の中川幸一が干しカレイの製造を始め、京阪神を主として貨車積みでの出荷を始める。
応召中は親戚の同業者、松森栄作が引き継ぎ海軍省 に納入する「焼きワカメ」を製造。

終戦後、食料統制のために開業が出来なかったが昭和28年より再開。
再開後は干しカレイと赤ムツ(のど黒) の開き干しを始める。

1963年 浜田市日脚町に「日脚工場」を開設。

1964年 法人組織として「有限会社幸中川」を設立。
干しカレイ・赤ムツ開き干し・焼き穴子・ふぐ味醂干し・カレイ味醂 干し等、
カネコウ印の各種味醂干し製品を製造。

1971年 浜田市港町に「本社工場」を移転。

1974年 11月に開催された第8回島根県水産加工祭において弊社の味醂干しが「農林大臣賞」を受賞。

1977年 浜田市金城町に「金城冷凍冷蔵庫」を開設。

<主要取引先>

中央魚類株式会社
水産物卸売千葉魚類株式会社
横浜魚類株式会社
名古屋海産市場株式会社
株式会社大水
神港魚類株式会社
広島魚市場株式会社
北九州魚市場株式会社
株式会社井上商店
株式会社ダイイチ
藤徳物産株式会社
三井食品株式会社中国支店 <順不同>

ページトップへ